五徳(ごとく)を食洗器クリーナーで一緒に洗ったら白い結晶ができてコーティングが剥がれてしまった・・・

食洗器を食洗器クリーナーで掃除する際に、五徳を一緒に入れて洗ったという話があったため一緒に入れたら白い結晶(斑点)が出来てコーティングが剥がれてしまったため、調べた内容をまとめてみます。

食洗器クリーナーは酸性のものを使用した

食洗器クリーナーは「Takayama 食洗機 庫内クリーナー」を購入して使用しました。これ自体は評価もよく問題ないですが、これに五徳を入れてしまったのが問題だったようです。

成分を見ると有機酸95%となっていました。有機酸のほとんどはカルボン酸らしく酸性のようです。

五徳を入れたら白い結晶(斑点)が出来てザラザラになった

食洗器クリーナーに入れた後の五徳は写真のように白い結晶ができてザラザラに、これを洗って落とすとコーティングが剥がれてしまいました・・・

さらにそのまま使っていたらコーティングが剥がれているので錆びてきてしまうという。さすがに使えないので買いなおしました。1つ1,300円ぐらいです。

五徳は酸性で洗うと化学反応を起こしてコーティングが剥がれるようです

調べてみるとクエン酸や酢で五徳を洗って白い斑点ができるという情報が結構あります。酸性で洗うと化学反応を起こして白い斑点が出来てしまうようです。

酸性の食洗器クリーナーでがっつり洗ってしまったので激しく化学反応してコーティングが一気にダメになってしまったのだと思います。

ちなみに、油汚れは酸性なのでアルカリ性でないと落ちないので、五徳はアルカリ性で洗うのが良いそうです。食洗器の洗剤もアルカリ性です。

まとめ

五徳は酸性ではなく、中性やアルカリ性で洗うようにしましょう。

もし酸性で洗って白い斑点が出来てしまった場合、戻すのは難しいようです。