2021年5月3日(旅行3日目) 京都~天橋立~城崎温泉

旅行3日目は京都市内から天橋立を経由して兵庫県の城崎温泉へ。城崎温泉は奮発して旅館を予約し、但馬牛のしゃぶしゃぶ、貸切温泉付きにしました(^^♪

京都市内から天橋立へ

この日は朝食を食べたらそのまま8時過ぎにチェックアウトして車で天橋立へ。京都縦貫自動車道を通って特に寄り道はせず2時間程度で着きました。

天橋立の南側にある「市営天橋立駐車場」に駐車。1日停めて600円です。

天橋立は、野田川の川の流れと北からの海流に運ばれた砂がぶつかって堆積して4000年前にできたようです。松島、宮島と並んで日本三景になっています。

天橋立サイクリング

天橋立は景観だけだと退屈なので、サイクリングやボートでの移動を入れると少し楽しむことができます。

駐車場から天橋立方面へ向かうとレンタサイクルやボートなどのショップが出てきます。大きく3種類ぐらいあるので、好みに合うのを選ぶと良いかと思います。

1. 往復サイクリング

自転車を借りて天橋立を往復して返す形になります。行きも帰りもサイクリングなので、帰りは少し飽きてしまうかもしれません。

2. 行きはサイクリング、帰りはモーターボート船

自転車を借りて天橋立を渡り反対側で返却し、帰りはモーターボートで帰るというもの。
今回はこれにしてみました。大人2人と子ども1人で2,500円。

3. 行きはサイクリング、帰りは遊覧船

こちらは丹後海陸交通が運営している定番で、行きはレンタサイクルで渡り反対側で返却して、帰りは遊覧船で帰るというもの。
遊覧船では船の上でカモメの餌やりができます。

ホントはこっちに乗りたかったけど、あまり調べず流れでモーターボートの方にしてしまったという・・・

天橋立でサイクリングと昼食

天橋立をサイクリングして渡りつつ、ちょうどお昼時だったので真ん中らへんで海を眺めながら昼食に。先日の宇治の「たま木亭」で買ったパンや総菜を食べました。(ケチってます)
まぁ、海はきれいでした。

天橋立自体は自転車で20分ぐらいで渡れてしまうかもしれません。途中子供を砂浜で遊ばせながら昼食を食べてちょうど1時間ぐらいでした。

天橋立を渡ったらリフトに乗って「天橋立傘松公園」へ

天橋立の北側に行ったらリフトで元祖また除きのある「天橋立傘松公園」へ。リフトは大人2人と子ども1人で1,700円でした。幼児は無料ですが、抱っこしてリフトに乗る必要があります(^^;

リフトで登ったらとりあえず定番のまた覗きをやってみました。
逆さに見ると天に昇る竜に見えるようですが、まぁよくわからんかったです。

他に特にやることもなく、リフトで降りて帰路へ。リフトを降りて帰りの船場に戻る途中に「にしがき」というスーパーを見つけたので、ここでお土産を購入。お土産屋よりは気持ち安かった気がします。

お土産を買ったらジェット船に乗って戻り車へ。

城崎温泉へ向かう途中に「木下酒造」へ

城崎温泉への道中に日本酒「玉川」を造っている「木下酒造」があったため、立ち寄ってみました。イギリス人が杜氏でいろいろチャレンジしているようです。評判もよく、ソフトクリームも人気のようで美味しかったです。あと、猫がいます。

城崎温泉へ

そのまま城崎温泉へ向かい16時ごろに到着。

城崎温泉は1,300年前に道智上人によって難病の人を救うために開かれた歴史のある温泉街のようです。箱根のような感じですかね。

城崎温泉では「喜楽」という旅館を予約しました。ファミリーOKで貸切温泉もあり食事も個室なので落ち着けて良いところでした。


城崎温泉は “外湯めぐり” が有名で、7か所の外湯に入れるチケットも宿泊プランに含まれていました。

外湯めぐりへ

旅館で外湯めぐり用のQRコードを貰って、外湯めぐりへ。
夕飯まであまり時間がなかったので、そこまで混まない「鴻の湯」と「まんだら湯」へ。

ちなみに、人気は「御所の湯」と「一の湯」のようで、夕方は結構ならんでいたので諦めました。

城崎温泉は雰囲気もよくお店も多いため歩いていても楽しかったです。

外湯めぐりの後は旅館で夕食(但馬牛のしゃぶしゃぶ(^^♪)を食べ、貸切温泉に入りそのまま就寝・・・