冬の青森屋へ2泊3日旅行したときのプラン(レンタカーなし)

~~~2日目~~~

2日目は八戸(はちのへ)に行くことにしました。八戸はイカの水揚げ日本一で有名な漁港です。ちなみに三沢市はホッキ貝が有名。

10時頃までは朝食と雪遊びをして、その後送迎バスで三沢駅まで行き、そこから電車で八戸へ。

電車は1時間に1本ぐらいしかないので時間を合わせて行く必要があります。

八戸駅に着いたら八食センターへ行こうと思い、100円バスの時間を調べたら1時間先でした・・・のでタクシーへ。1,500円ぐらい。
タクシーの運ちゃん曰く、最近イカが不漁らしいです。

~八食センター~

八食センターは八戸で一番有名っぽい場所で、魚介系の市場になっていて、お土産も買えるし、買った魚介をその場で炭火焼で食べれたりします。

炭火焼は4人で2時間900円ぐらいで、受付を済ましてから好きな場所に買いに行って持ち込んで焼いて食べる感じです。

サザエ・カキ・エビ・ホッキ貝・イカなどいろいろ焼きました。車じゃないのでビールが飲めるのは良かった(^^♪

~八戸中心街へ~

八食センターから八戸中心街へ200円バスで行ってみました。1時間に1本ぐらいしかないバスなので、時間を合わせる必要があります。大体20分ぐらいで着きました。

中心街には八仙(日本酒)や八幡馬(やわたうま)を買いたくて行きました。

八戸酒造は残念ながら土日祝は定休日らしくやっていなかったので、八戸ポータルミュージアムに行って八仙(日本酒)と 八幡馬(やわたうま) を購入。

八幡馬(やわたうま)は中々モダンなデザインなので北欧風なインテリアにも合います。

~青森屋へ~

なんだかんだこれで15時ぐらいになっていたので、バスで八戸駅に向かって電車で青森屋まで帰りました。レンタカーがないと中々周るのに時間がかかってしまう。

青森屋では雪遊びやら温泉やら食事やらで初日と同じように遊びました。

夜にLEDの提灯を借りれるので、それを借りてねぶたのライトアップを見に行ってみました。寒かったですが、なかなか風情があってよかったです。(カップルがちらほら)

~~~3日目~~~

最終日は12:55のフライトで東京に変えるため、11時に青森屋の送迎に乗る予定でしたので、朝に雪遊びだけ。

初日と2日目は庭の入り口あたりでソリで遊んでいたのですが、ポニーのお家に雪遊び場があることに気づきました( ^ω^)・・・

ソリもおいてあり、結構激しい長い坂があってそれなりに遊べます。初日に気づいていればよかった・・・

雪遊びしたらあとは三沢空港に行って旅行はお終い。

三沢空港は展望デッキ(大人は100円)があって、ここでアメリカ軍の戦闘機の離着陸とか見ることができます。帰る前に寄ってみたら大きいカメラを持った人が結構いて、戦闘機も見れて面白かったです。