千葉県の「館山サザンビレッジキャンプ場」で釣りキャンプ

2022年2月中旬に千葉県館山市にある「館山サザンビレッジキャンプ場」で釣りキャンプしてきました。初の冬キャンプでしたので、電源サイトでホットカーペットとファンヒーターを持ってのチャレンジ。

先に周辺マップを乗せておきます。キャンプ場周辺には、海水浴場、釣り場、沖ノ島公園がありました。

周辺マップ

なっぷで予約

行く2~3日前に天気を見つつ「なっぷ」で予約しましたが、土日で安い電源サイトを探して見つけた唯一の場所でした。

値段は電源込み4人1泊で8,910円。

チェックインは13時なのでゆっくりスタート

チェックインは13時で、館山は東京から2時間ちょっとで着くのでゆっくり9時頃出発。

特に寄り道はせずに11時ごろに館山に到着。チェックインまで釣りをすることに。

キャンプ場最寄(歩いて行ける)の「見物堤防」に釣りへ

事前に調べていた、キャンプ場最寄の見物堤防に行ってみました。堤防近くの道路にも無料駐車場があります。

が、堤防は風が強く、波も強く、ほとんど釣りにならない状態・・・

そしてこの見物堤防、所々崩壊していて結構怖かったです。先端は割れていて陥没。
足元も浅いので、そこまでいい釣り場ではないかと思います。

ということで、釣りは断念して車で「沖ノ島公園」に移動。

自衛隊基地の端にある「沖ノ島公園」へ

釣りを断念して近くを探して見つけた「沖ノ島公園」へ。

公園といっても遊具とかあるわけでなく、凄く小さな江ノ島のような感じの磯場です。写真で洞窟があって面白そうなので行ってみました。

島は直径300mで、奥の方の磯に洞窟がありました。多分防空壕か何かの跡ですが、中々こういうのはないので面白かったです。

13時を過ぎたのでキャンプ場へ

午後になったのでキャンプ場へ向かいました。チェックインをして、電源サイトはBかCのエリアで空いているところどこでもよいとのことで、Bサイトに設営。Bサイトは車を横におけるので、実質オートサイトになので楽でした。

キャンプ場の雰囲気

今回はホットカーペットとファンヒータと、ローテーブルを持って行ってテント内に置いてみました。リビングのようなスペースとなり居心地が良かったです(^^♪

このキャンプ場は、歩いて海水浴場に行けるので夏場は海水浴で遊べて良いのだと思います。冬はやることが釣りぐらいな気がします。特に遊具とかはないので(^^;

設営が終わったら受付で釣り場を教えてもらい、館山港あたりが良いという話を受けて車で向かってみました。(大体10分ぐらいで移動できます)

館山港で釣り

自衛隊基地の横に館山港があります。キャンプ場から車で10分ぐらい、車も隣接して停められて、非常に良い釣り場でした。(写真撮り忘れました・・・)

小さい回遊魚が泳いでいたり、隣ではキスを釣っていたりしたので、魚はいるようです。

オキアミで、投げたり、足元にたらしたりしましたが、結局釣れたのは足元でメバルとカサゴ。多分、イソメとかで投げてカレイとかを狙った方が良かったかもです。

釣った魚はキャンプ場に持ち帰り、炭火焼にして丸ごと。

ヒーターがあるとテントから出れなくなる・・・

後は普通のキャンプでしたが、冬は外が寒いのでテント内でヒーターを付けたら出れなくなりました・・・

ホットカーペットだけではやや弱かったので、ファンヒーターとセットで持って行って丁度良かったです。テント内は快適な温度が維持されました。

カーペットあればエアベッドなど断熱層がなくても全然問題ないこともわかりました。

お湯が出るのは嬉しい

炊事場はお湯が出ます。冬場はこれに救われました。
トイレやシャワーも整っているので、設備的には良かったかと思います。

感想

遊具がなく、冬場は釣り以外レジャーがないため、釣りをしないファミリーにはやや退屈だったかもしれません。そこまで混んでなく、予約のしやすい電源サイトではあったので、遊具を持って行ってキャンプをする分には良かったのかな。

次は、夏場の海水浴シーズンにも行ってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。