ブラウザで簡単にできるひらがな・数字のフラッシュカード

子どもにひらながや数字を覚えさせるためにフラッシュカードが欲しいと思い、ブラウザで動く簡単なフラッシュカードページを作ってみました。

使い方

以下のページをブラウザで開くだけで使えます。あとは使ってみるとわかると思います( ^ω^)・・・
(古いブラウザなどは動かない可能性がありますのでご了承ください)

フラッシュカードページ

フラッシュカードとは

フラッシュには瞬きという意味があり、瞬きの間にカードを次々送り記憶させる方法です。映像記憶を利用した暗記法のようです。

七田式の幼児教育とかで流行り、動物や食べ物などの写真をカードにして名前を覚えさせるのによく利用されています。正直ものの名前は自然に覚えればよく、写真のカードで無理やり覚えさせるものでもないと思うので私はやっていませんでした。

作った理由

食べ物や動物の名前は生活の中で自然と覚えてくれますが、ひらがな・カタカナ・数字などはちゃんと教えないと中々覚えてくれません。

ちょうど3歳の娘に「ひらがな表」やドリルを使って教えていたのですが、全部を覚えるのには時間がかかり、もっと手頃に隙間時間にスマホで教えられないかと思い作ってみました。

フラッシュカードというよりは、中学生とかがやる英単語カードみたいなイメージで作っています。

アプリなどもありましたがダウンロードが面倒だし起動も時間がかかるので、ブラウザで使える手頃なものが欲しいと思い。

技術面のメモ

・reactとbootstrapでライトに作っています。
・音声再生はブラウザの「Web Speech Synthesis API」を利用。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です