【PWA】PWAで出来ること、利点・欠点

仕事でPWAの検討が必要になり、個人的にいろいろ調べたり検証したので、何回かに分けてノウハウや知識を残しておきたいと思います。
とりあえず最初なでPWAの基本的になところから。

PWAとは

PWA(Progressive Web Apps)はWebサイトをアプリのように動作させるための技術群のことです。たまにAndroidスマホのブラウザでWebサイトを開くと下図のような「通知の許可」や「ホーム画面追加バナー」が出ることがありますが、これがPWAです。

PWAの主要な機能

PWAは大きく以下の3つの機能があり、主にサービスワーカーを利用して実現します。

  • ホーム画面追加(A2HS)
  • プッシュ通知
  • オフライン動作(キャッシュ)

ホーム画面追加はWebサイトをアプリのようにインストールして、ホーム画面にアイコン追加されます。開くとアプリ風のUIでWebサイトを表示できます。

プッシュ通知はアプリを起動していなくても通知を送って表示することができます。

オフライン動作はサービスワーカーがプロキシになり、サーバリクエストのレスポンスをキャッシュしてブラウザ内で折り返すようになります。そのためオフラインで動作しますし、サイトも高速化します。

PWAのメリット

PWAの一番のメリットは手間のかかるアプリ開発をしなくても今のWebで簡単にアプリのユーザ体験を作れることです。実際、Androidはホーム画面い追加を押すとAPKとしてWebサイトがインストールされます。

既にWebがあればアプリ開発の手間もかからないし、面倒なストア登録や審査も不要です。

PWAのデメリット

端末によって対応状況や動作がまちまちで例えば以下のような制約が現状あります。

  • プッシュ通知はiPhoneが対応していない
  • A2HSのホーム画面追加バナーはiPhoneでは表示されない

PWAはGoogleが推進している技術のため、AndroidやChromeは対応が進んでおり、iPhoneの対応がいまいちな感じです。(appleはストア以外でアプリ化されてしまうと手数料が入らないので嫌がっている気がします)

あとは、あくまでWebベースなので、アプリと同レベルのデバイス操作ができなかったり、アプリストアで探してインストールするというユーザ体験から外れてしまうというところがあります。

カテゴリーPWA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。